繊維強化コンポジットの形態がブリッジの強度に及ぼす影響 Influence of the shape of fiber-reinforced composites on the fracture strength of bridges

この論文をさがす

著者

    • 藤井 孝政 Fujii Takamasa
    • 大阪歯科大学大学院歯学研究科有歯補綴咬合学 Graduate School of Dentistry (Department of Fixed Prosthodontics and Occlusion) Osaka Dental University

抄録

本研究では, 繊維強化コンポジット(FRC)を応用したメタルフリーブリッジの強度の向上を目指し, FRCの形態がブリッジの曲げ強さに及ぼす影響について検討した.実験材料として, FRC(BR-100, KURARAY MEDICAL)とハイブリッド型レジン(ESTENIA, KURARAY MEDICAL)を用いた.臼歯部3ユニットブリッジの支台歯を想定した金型を印象採得し, 超硬石膏にて作業用模型を製作した.作業用模型に透明シリコンの型枠を装着し, FRCとハイブリッド型レジンを填入してブリッジを製作し, 実験試料とした.FRC(厚さ1mm, 長さ28mm)の形態は, 幅3mm(F3)および幅6mm(F6)のそれぞれを, 平板状にしたもの(Straight)およびポンティック部で曲げたもの(Bent)の4種類に設定した.また, 参考としてハイブリッド型レジン単体の実験試料を用意した.実験試料はそれぞれ5個ずつ, 計25個製作した.実験試料を室温, 空気中で24時間保存し, 接着性レジンセメントを用いて金型に接着した.万能試験機を用いてポンティック中央部に荷重を加え, 破折時の最大荷重値を曲げ強さとして求めた.統計学的解析はFRCの幅および形態を要因とする二元配置分散分析を用いた.統計学的有意水準を1%に設定した.分散分析の結果, FRCの幅および形態に有意差が認められた.曲げ強さはF6 Bentが最も大きく, 以下F6 Straight, F3 Bent, F3 Straight, およびハイブリッド型レジン単体の順となり, FRCの幅を3mmから6mmにすること, およびポンティック部でFRCを曲げることによって, それぞれ約400Nの強度の向上が認められた.以上の結果から, FRCをブリッジへ応用する際には, FRCの幅を大きくすること, およびFRCをポンティック部で曲げることが望ましいことが明らかとなった.

We investigated the influence of the shape of fiber-reinforced composite (FRC) on the flexure strength of bridges. Four different FRC bridges were fabricated with laminating hybrid composite resin and one was fabricated with hybrid composite resin alone. Flexure strength was determined by mechanical loading on the center of the pontic using a universal testing machine. Both enlarging the width of the FRC from 3mm to 6mm, and bending the FRC apically increased the flexure strength by about 400N, respectively (p<0.01). We found that it is desirable to enlarge the width of the FRC and to bend it apically when using this material for making bridges.

収録刊行物

  • 歯科医学

    歯科医学 68(1), 92-98, 2005-03-25

    大阪歯科学会

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013819646
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00099810
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306150
  • NDL 記事登録ID
    7293573
  • NDL 雑誌分類
    ZS44(科学技術--医学--歯科学・口腔外科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-336
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ