拡張機能障害による心不全発症予防には左室流入血流速波形の正常化は必要か? Is prevention of transition to diastolic heart failure associated with a normalization of transmitral flow velocity curve?

この論文をさがす

著者

    • 山本 一博 YAMAMOTO K.
    • 大阪大学大学院医学系研究科A8 Department of Internal Medicine and Therapeutics, Osaka University
    • 増山 理 MASUYAMA T.
    • 大阪大学大学院医学系研究科A8 Department of Internal Medicine and Therapeutics, Osaka University
    • 坂田 泰史 SAKATA Y.
    • 大阪大学大学院医学系研究科A8 Department of Internal Medicine and Therapeutics, Osaka University
    • 小野 恵子 ONO K.
    • 大阪大学大学院医学系研究科A8 Department of Internal Medicine and Therapeutics, Osaka University
    • 近藤 寛也 KONDO H.
    • 大阪大学大学院医学系研究科A8 Department of Internal Medicine and Therapeutics, Osaka University
    • 土井 玲子 DOI R.
    • 大阪大学大学院医学系研究科A8 Department of Internal Medicine and Therapeutics, Osaka University
    • 堀 正二 HORI M.
    • 大阪大学大学院医学系研究科A8 Department of Internal Medicine and Therapeutics, Osaka University

収録刊行物

  • Journal of medical ultrasonics = 超音波医学

    Journal of medical ultrasonics = 超音波医学 26(4), 510, 1999-04-15

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013820763
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1059477X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13461176
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ