咬合器の顆路調節要素が咬合面形態に及ぼす影響 : 対合歯を含めて修復する場合について Effect of the Regulatory Elements of Condylar Path on the Occlusal Form in Restoring with Antagonistic Tooth

この論文をさがす

著者

    • 沼倉 則正 NUMAKURA N.
    • 明海大学歯学部歯科補綴学第2講座 2nd Department of Prosthodontics, Meikai University School of Dentistry
    • 猪野 照夫 INO T.
    • 明海大学歯学部歯科補綴学第2講座 2nd Department of Prosthodontics, Meikai University School of Dentistry
    • 天野 秀雄 AMANO H.
    • 明海大学歯学部歯科補綴学第2講座 2nd Department of Prosthodontics, Meikai University School of Dentistry
    • 岩瀬 直樹 IWASE N.
    • 明海大学歯学部歯科補綴学第2講座 2nd Department of Prosthodontics, Meikai University School of Dentistry
    • 殿木 三紀彦 TONOKI M.
    • 明海大学歯学部歯科補綴学第2講座 2nd Department of Prosthodontics, Meikai University School of Dentistry
    • 中村 明雄 NAKAMURA A.
    • 明海大学歯学部歯科補綴学第2講座 2nd Department of Prosthodontics, Meikai University School of Dentistry

収録刊行物

  • 日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society

    日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society 39(94), 68, 1995-10-27

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013828105
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11834072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ