アルツハイマー病における生物学的診断マーカーとしての脳脊髄液Tau蛋白 Tau Protein in Cerebrospinal Fluid : A Potential Marker of Alzheimer's Disease

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

87名のアルツハイマー病 (AD) 患者, 114名のAD以外の神経疾患患者, 22名の正常コントロールの計223名において脳脊髄液 (CSF) tau 蛋白 (CSF-tau) をサンドウィッチELISA法にて検討した. CSF-tau は, ADにおいて, AD以外の神経疾患および正常コントロールに比較して, 有意に上昇していた. このADにおけるCSF-tauの上昇は発症年齢, 臨床進行度, Apolipoprotein E遺伝子型, 性別および人種に関係なく認められた. 一方, 本測定法における脳組織 tau 濃度はADとAD以外の疾患で有意差はみられなかった. CSF-tau は, 神経細胞の進行性の破壊を反映していると考えられ, またCSF-tau は, ADの診断マーカーとして, 可能性の高いものと思われた.

Levels of the microtubule-associated protein tau in cerebrospinal fluid (CSF-tau) were measured in samples from 87 patients with Alzheimer's disease (AD), 114 patients with non-AD neurological diseases, and 22 normal control subjects, by sandwich enzyme-linked immunosorbent assay. The CSF-tau level was significantly higher in patients with AD than in patients with non-AD neurological diseases and in controls. High CSF-tau levels were found irrespective of age at onset, apolipoprotein E genotype, clinical stage, and ethnic group. Western blots of AD CSF proteins revealed two to three immunoreactive bands with apparant molecular mass between 50 and 65kDa, which is consistent with phosphorylated CSF-tau. These results suggest that CSF-tau reflects progressive accumulation of tau due to the progressive death of neurons in the AD brain. Assay of CSF-tau may prove to be a reliable diagnostic test for AD.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 33(9), 669-675, 1996-09-25

    The Japan Geriatrics Society

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013851903
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03009173
  • NDL 記事登録ID
    4058363
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-25
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ