リファンピシン併用によりジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬の降圧効果の減弱が認められた高齢高血圧患者の4例 Influence of Rifampicin on Antihypertensive Effects of Dihydropiridine Calcium-channel Blockers in Four Elderly Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

抗結核薬であるリファンピシン (RFP) は肝の薬物代謝酵素を誘導して, 併用された薬物の代謝を亢進させ, その効果を減弱させる作用のある代表的な薬として知られている. ジヒドロピリジン系カルシウム (D-Ca) 拮抗薬とRFPの併用にあたっても薬物相互作用があり得るとの注意がされているが, 臨床的な経験の報告は少ない. われわれは (D-Ca) 拮抗薬にてほぼ良好な血圧コントロールが行われていた高齢高血圧患者に, RFPを併用投与したところ血圧が上昇し, 降圧剤の増量・変更を必要とした4症例を経験した. 症例は70歳から80歳までの高齢高血圧患者4名であり, 結核およびその疑いにより抗結核薬としてRFPを投与された. 投与後数日間で4症例とも血圧の著明な上昇あるいはコントロール困難が出現し, D-Ca拮抗薬を大幅に増量したがコントロールは不良のままであった. しかしRFPの中止に伴い何れの症例も血圧の速やかな下降が認められ, D-Ca拮抗薬の減量が可能となった. D-Ca拮抗薬のほとんどは肝薬物代謝酵素の1つP4503Aにより主に代謝されるが, RFPはこのP4503Aを強く誘導するとされている. われわれの経験した4症例においても, RFPにより誘導されたP4503Aにより薬物代謝が亢進し, 投与中であったD-Ca拮抗薬の血中濃度が十分に上昇せずその降圧効果が得られなかったものと考える. RFPとD-Ca拮抗薬の併用の際は降圧効果減弱に注意し, D-Ca拮抗薬の大幅な増量, 他剤への変更あるいは併用を要する.

Rifamicin, an antituberculosis agent, is one of the most potent inducers of hepatic drug-oxidation enzymes. Rifampicin can reduce the efficacy of several therapeutically important drugs (including verapamil and diltiazem) by accelerating systemic elimination or by increasing hepatic first-pass metabolism. Because dihydropyridine calcium-channel blockers are mainly metabolized by the liver, rifampicin may also increase the extraction of these drugs and thereby reduce their antihypertensive effects. Here we report four possible cases of interaction between rifampicin and dihydropiridine calcium-channel blockers. Rifampicin was given to treat tuberculosis in four eldery hypertensive patients whose blood pressure was well-controlled by one or more dihydropiridine calcium-channel blockers (nisoldipine, nifedipine, or barnidipine and manidipine). shortly after the start of antituberculosis therapy, their blood pressures rose. Either much greater doses of dihydropyridines or additional antihypertensive agents had to be given to keep blood pressure under control. After withdrawal of rifampicin, blood pressure fell in all patients and the doses of the antihypertensive agents had to be reduced. These findings indicate that rifampicin may lessen the antihypertensive effects of dihydropiridine calcium-channel blockers.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 33(9), 692-696, 1996-09-25

    一般社団法人 日本老年医学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013851963
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03009173
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ