慢性痒疹よりMRSA敗血症を発症し, 外用剤(3%酢酸を含有する吉草酸ジフルコルトロン軟膏)治療により改善した後期高齢者の1例 Septicemia due to Methicillin-resistant Staphylococcus aureus from Chronic Prurigo in an Elderly Woman

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は80歳, 女性. 近医で降圧薬を投与されていたが, 1996年1月より皮疹, 全身そう痒感が出現するようになった. 降圧薬を中止したが皮疹は軽快せず, 5月中旬から38℃台の発熱, リンパ節腫大も出現するようになったため当科に入院した. 入院時, ほぼ全身に丘疹を認め, 掻破により浸潤, 肥厚, 苔癬化していた. また, 頸部・腋窩・鼠径部の表在リンパ節が腫大しており, 皮疹は慢性痒疹と考えられた. 一般臨床検査では慢性炎症所見, 貧血, IgEの高値を認めたが, 明らかな基礎疾患は認めなかった. また, 末梢血リンパ球の表面マーカー分析で異常を認めなかった. 血液からメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (Methicillin-resistant Staphylococcus aureus: MRSA) が検出され, MRSA敗血症と診断し, バンコマイシン, ミノサイクリンおよびセフォペラゾン・スルバクタムの投与を開始した. 投与後約1カ月目には炎症所見の改善傾向を認めたが, その後も37℃前後の微熱, 皮疹, CRPの高値が持続した. 皮疹は掻破により湿疹化し, 同部位からMRSAが検出された. 皮疹がMRSAの侵入門戸と考えられたため, 3%酢酸を含有した吉草酸ジフルコルトロン軟膏の塗布を開始したところ, 皮疹の改善とともに微熱, 表在リンパ節腫脹および炎症所見は速やかに正常化した.<br>一般的に, MRSA感染症は重篤な基礎疾患を有する患者に発症する. 今回, 私達は明らかな基礎疾患, 免疫学的異常のない高齢者において慢性痒疹からMRSA敗血症を発症し, 外用剤により改善した症例を経験した. 本症例のように高齢者において薬剤アレルギーによる皮疹からMRSA敗血症を発症した報告は過去になく, 貴重な症例と考えられた. また, 基礎疾患がなくても高齢であること自体がMRSA敗血症の背景因子として重要であると考えられた.

An 80-year-old woman being treated with antihypertensive drugs developed eruption and itching of the skin. High fever and lymph node enlargement subsequently developed in spite of discontinuing all antihypertensive drugs, and she was admitted to our hospital. At the initial examination, multiple papules were noted over the entire body, and the skin showed thickening and lichenification with scratch marks. There was also generalized enlargement of the superficial lymph nodes. From these indings, her condition was diagnosed as chronic prurigo due to drug allergy. Laboratory tests showed inflammatory findings, anemia and a high serum level of IgE. Analysis of the surface marker of peripheral lymphocytes revealed no abnormalities. Bacteriologic cultures of blood revealed methicillin-resistant <i>Staphylococcus aureus</i> (MRSA). Histologic examination of the lymph nodes revealed chronic reactive lymphadenitis with a follicular pattern. She was strongly suspected of having MRSA septicemia, and so combination chemotherapy with vancomycin, minocycline and cefoperazone/sulbactam was started. However, 1 month after initiation of chemotherapy, the low-grade fever, eruption and moderate inflammatory findings persisted, and culture of the eruptions revealed MRSA. The prurigo was therefore considered to be the source of the septicemia, and daily application of diflucortolone ointment containing 3% acetic acid was started. Thereafter, the clinical and laboratory findings showed a rapid improvement. MRSA infections usually occur in compromised patients who are receiving antibiotics during prolonged hospitalization. The present case, who did not have any underlying disease, indicates that old-age is also an important factor for the development of MRSA septicemia.

収録刊行物

  • 日本老年医学会雑誌

    日本老年医学会雑誌 34(8), 672-677, 1997-08-25

    一般社団法人 日本老年医学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013853714
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00199010
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03009173
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ