グラスアイオノマー型コンポジットレジン Geristore^【○!R】 の歯髄に及ぼす影響 : コンポジットレジン冠修復時 Histopathological Studies of Pulp Response to Glass Ionomer Modified Composite GERISTORE^【○!R】 : Composite Resin Full Crown Restoration

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 張 野 ZHANG Ye
    • 長崎大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry Nagasaki University School of Dentistry
    • 後藤 讓治 GOTO George
    • 長崎大学歯学部小児歯科学講座 Department of Pediatric Dentistry Nagasaki University School of Dentistry

抄録

小児歯科臨床では,コンポジットレジン冠修復法は広く行われており,その修復材料として,優れた歯質接着性,審美性,操作性が要求されている。近年,優れた接着性,審美性,フッ素徐放性,操作性などを有するグラスアイオノマー型コンポジットレジンGeristore®(以下本材とする)が開発され,歯冠修復材料として歯科臨床に応用されている。しかし,本材のコンポジットレジン冠修復への応用は未だ報告されていない。そこで本実験では,その有用性を判定する目的で臨床応用に先立ち,本材をコンポジットレジン冠修復へ応用した場合の歯髄反応について病理組織学的検討を行い,以下の知見を得た。<BR>1.病理組織学的に検討した結果,重篤な病的変化の発現は少なく,充血および若干の円形細胞浸潤が認められる程度であった。それよりはむしろ支台歯形成による影響と考えられた。<BR>2,修復性変化として補綴象牙質の形成は多くの症例に見られた。<BR>3.経時的に病理組織学的変化の発現は減少し,また修復性変化の発現は増加する傾向が認められた。<BR>4.病理成績を判定した結果,良好22例(95.7%),概良1例(4.3%)であった。<BR>以上よりグラスアイオノマー型コンポジットレジンGedstore®は,コンポジットレジン冠修復において安全性が高いことが判明し,その有用性が認められた。

Composite resin full crowns which use composite resin and crown forms, have been used for pediatric dentistry. For use as a restoration material, an adhesive ability, aesthetics and easy handing are required. Recently, Geristore® which has the characteristics above besides fluoride releasing Glass ionomer modified composite resin, has been used in the clinic. However, the studies of application for full crown restoration have not yet developed. This investigation evaluates pulpal responses to composite resin full crown restoration using Geristore® on anterior teeth of dogs histo-pathologically.<BR>The following conclusions were obtained:<BR>1. Histopathological study revealed no severe pathological changes. Most of the pathological changes were hyperemia and slight round cell infiltrations. This may have been induced by the cavity preparation itself.<BR>2. Reparative dentin formation was observed in many cases.<BR>3. Pathological changes have decreased and reparative changes have increased with the passing of time.<BR>4. Histopathological evaluation revealed that 22 cases (95.7%) were successful and one case (4.3%)was fairly successful.<BR>The results of this investigation suggest that the composite resin full crown restoration using Geristore®m ay be considered safe for the pulp and clinically useful.

収録刊行物

  • 小児歯科学雑誌

    小児歯科学雑誌 36(4), 639-645, 1998-09-25

    一般社団法人 日本小児歯科学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013868737
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116228
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05831199
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ