上顎洞内に生じた巨大な濾胞性歯嚢胞の1例 A Case of Gigantic a Follicular Cyst in The Maxillary Sinus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

濾胞性歯嚢胞は,顎骨嚢胞の中でも比較的良く遭遇するが,年齢的に若年者に好発し,発生部位については,下顎智歯部,上顎前歯部,下顎小臼歯部の順に多く,上顎洞内に発生することは稀である。今回,われわれは,小児の上顎洞内に巨大な濾胞性歯嚢胞を認めた症例を経験したので報告する。<BR>患者は13歳の女児。歯科治療目的で通院中の近隣歯科医にて,上顎左側第二大臼歯の抜髄処置を受けたところ,生活歯であったにもかかわらず,抜髄後の根管からの排膿を認めた。同歯科医にて根管内洗浄を続け,一時的に症状軽快していたが,抜髄処置より約二か月後,左側頬部腫脹,開口障害が出現したため,当科に紹介され来院した。歯性上顎洞炎の臨床診断にて,原因歯と思われる上顎左側第二大臼歯を抜歯したが,抜歯窩の治癒が不良で,同部の上顎洞口腔瘻孔が消失しなかった。そこで,二か月後に,瘻孔閉鎖術,上顎洞根治術,およびパノラマエックス線写真で確認していた上顎左側埋伏智歯の抜歯術を目的として,全身麻酔下に手術を施行したところ,左側上顎洞内に智歯由来の上顎洞を充満するほどの巨大な濾胞性歯嚢胞を確認したので,これを摘出した。

Follicullar cysts occurr frequetry in the region of the mandibular wisdom teeth, maxilla anterior teeth, mandibular premolar teeth, but they arerare in the maxillary sinus. We report a case of a giant follicullar cyst in the maxillary sinus.<BR>The patient was a 13-years-old girl who visited a dental clinic for dental caries treatment. The pulp of the second molar tooth of upper right was extracted. The tooth was vital, but there was a large amount of pus from the root canals.<BR>After about two months, she visited our hospital due to buccal swelling and trisumus.<BR>We extracted the second molar tooth under clinical diagnosis of the odontogenic maxillary sinusitis, but the oroantral fistula at the extraction cavity did not disappear.<BR>After two months, we performed a cavity close operation, A Caldwell-Luc operation and extracted the impacted wisdom tooth which we had recognised by X-ray examination in the left maxillary sinus using general anesthesia.<BR>At that time, we recognised a gigantic follicullar cyst that filled the left maxillary sinus and encleated it.

収録刊行物

  • 小児歯科学雑誌

    小児歯科学雑誌 36(4), 692-695, 1998-09-25

    The Japanese Society of Pediatric Dentistry

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013868935
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116228
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    05831199
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ