持続的鼻腔内陽圧負荷装置を用いた鼻咽腔閉鎖機能賦活法(CPAP療法)の nasalance による評価 Change in Nasalance by Continuous Positive Airway Pressure (CPAP) Therapy for Hypernasal Speech

この論文をさがす

著者

    • 原 久永 HARA Hisanaga
    • 大阪大学歯学部附属病院 顎口腔機能治療部 Division for Oral-Facial Disorders, Osaka University Faculty of Dentistry
    • 舘村 卓 TACHIMURA Takashi
    • 大阪大学歯学部附属病院 顎口腔機能治療部 Division for Oral-Facial Disorders, Osaka University Faculty of Dentistry
    • 高 英保 KOH Hideyasu
    • 大阪大学歯学部附属病院 顎口腔機能治療部 Division for Oral-Facial Disorders, Osaka University Faculty of Dentistry
    • 森本 知花 MORIMOTO Chika
    • 大阪大学歯学部附属病院 顎口腔機能治療部 Division for Oral-Facial Disorders, Osaka University Faculty of Dentistry
    • 米田 真弓 YONEDA Mayumi
    • 大阪大学歯学部附属病院 顎口腔機能治療部 Division for Oral-Facial Disorders, Osaka University Faculty of Dentistry
    • 和田 健 WADA Takeshi
    • 大阪大学歯学部附属病院 顎口腔機能治療部 Division for Oral-Facial Disorders, Osaka University Faculty of Dentistry

収録刊行物

  • 日本口蓋裂学会雑誌

    日本口蓋裂学会雑誌 23(1), 28-35, 1998-01-31

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013869075
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188874
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03865185
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ