資料解析によるがけ崩れの崩土の到達距離の予測 An Estimation of Reach Distance for Slope Failure Debris

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

がけ崩れの崩土の到達距離に与える素因及び誘因特性を明らかにするため, 数量化1類を用いて解析を行い, 崩壊高, 斜面の縦断形, 連続雨量, 崩壊土量及び斜面の下端の状況が崩土の到達距離の予測において重要な因子であることを示した。

This paper concerns an estimation of reach distance of debris flow by slope failures due to rainfall. The analyze is conducted by a quantification theory which bases on the inspection procedure of difference between the categorized adjacent average values. The main items governing reach distance of debris are shown as failure height, longitudinal slope profile and accumulative rainf all amount. The multiple correlation coefficient is 0.8470, and 70 % of the reach distance variation for all slope failures can be explained by the used items in this study.

収録刊行物

  • 地すべり

    地すべり 32(2), 26-31, 1995-09-15

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013869795
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00332562
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852926
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ