くさび杭設計のための試論 An Attempt to Design the Cotter-Pile Using a New Theory

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

くさび杭の新しい理論による設計法を検討した。この設計法では杭に作用する横荷重と移動層および不動層に発生する地盤反力の釣り合い, さらに移動層スライスに於ける力とモーメントの釣り合いを考慮した理論にもとづき設計式を導いた。このため杭のたわみ方程式として, 移動層に発生する地すべり変位を考慮した式を用いた。また斜面の安定評価理論によって杭に作用する横荷重を算定した。なお杭に作用する横荷重は従来の設計法と同様, 移動層, 不動層の境界に作用する集中力を仮定した。また杭設置後の斜面の全体安全率の判定法についても検討を行った。

A new theory on the design of the cotter-pile (Kusabi-gui), which functions as a cotter inserted through two layers, is proposed in this paper. Its feature is to use the pile design theory and the assessment theory on the stability of slope simultaneously. The mechanical equilibrium of interslice-forces of the landslide mass and that of the moments of the whole system are considered in it. It reduces the arbitrariness of the figures which a designer adopts in design calculation and offers the better results with theoretical compatibility compared to th former one.

収録刊行物

  • 地すべり

    地すべり 32(3), 17-23, 1995-12-15

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013869909
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00332562
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852926
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ