Reexamination on Resistivity Logging and Application of Velocity-meter Measuring for Detecting Groundwater Flow in a Borehole

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地すべり地における地下水流動状況を評価する方法を提案するために地下水流の形態を想定したモデルにより地下水検層と流向流速計を用いて実験を行った。<br>地下水検層図の比抵抗値変化曲線が水平流ではほぼ水平になり, 下降流では右上がりの傾きを持ち, 上昇流では急勾配の左上がりになる。ただし, 比抵抗値の変化量は地下水の流量だけではなく, 食塩溶液の濃度, 流動層の位置, 流れパターンに影響され, 比抵抗値増大量だけでは流動層の流速を評価することができないことがわかった。<br>流向流速計の測定結果から, 水平流ではトレーサ粒子の流速はバラバラであるが, 流向はほぼ一定であり, 垂直流ではトレーサ粒子の流速は比較的均一であるが, 流向は一定しない。流入層の上あるいは流出層の下などの地下水の流れがない地点では粒子の停滞あるいは流速と流向のバラつきがある。流向流速計で測る流速は計算値の0.9倍位であり, また, 測定される流速は流量が同じであれば流動層の位置や水質によって変化しない。<br>以上のことから地下水検層と流向流速計を用いることにより流動層の位置と流速の検出精度は大きく向上することが分かった。

Three types of groundwater flow are examined by velocity-meter measuring and resistivity logging to evaluate flow velocity.<br>Resistivity logging is easy to define groundwater flow in a borehole on the basis of variations in resistivity. As flow amounts, depths below water level, salt concentrations in solution for logging, quality of in flow water, and flow types could sometimes affect variations in resistivity during testing, the rate of variation in resistivity is difficult to serve as a criterion to evaluate flow velocity in a borehole.<br>The velocity-meter which provides simultaneously flow speed and derection in a borehole has been tested. It takes five minutes or a little more for the velocity-meter to gain data at each measuring point. The mean speeds measured vary with only flow amounts and about equal 0.9 times theoretical ones in the experiments, showing that the velocity-meter can provide data to complement results of resistivity logging.

収録刊行物

  • 地すべり

    地すべり 32(4), 19-25, 1996-03-15

    公益社団法人 日本地すべり学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013869981
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00332562
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852926
  • NDL 記事登録ID
    6736701
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ