鹿児島湾に出現した多数のベニクラゲ(刺胞動物門, ヒドロ虫綱, 花クラゲ目)とその若返りについて Occurrence of many medusae of Turritopsis nutricula (Cnidaria, Hydrozoa, Anthomedusae) in Kagoshima Bay, Japan, with some observations on rejuvenation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2002年11月5日に, 鹿児島湾から200個体以上の大形のベニクラゲ (成熟が近い雌らしき個体を含む, 最大傘径4.38mm, 最大傘高4.13mm) が一度に採集され, 大形の個体を10個体選んで計測した. 触手は最大で82本が傘縁に生じており, 一見すると既知の北日本に産する大形個体に類似していた. しかし、触手が1環列である点で, 鹿児島湾からかつて一度だけ報告された個体を除く南日本に分布するベニクラゲと同じであった. 未成熟の10個体で若返りがおこるか飼育して調べた結果, 1個体のみポリプ群体に若返ったが, その群体にはわずか3個虫しか形成されず1ケ月後に退化消失した. なお, 中膠内に100個体以上もの多数の吸虫類が寄生したクラゲ個体も見られた.

On Nov. 5, 2002 more than 200 medusae of Turritopsis nutricula (Hydrozoa, Anthomedusae, Clavidae) were collected in Kagoshima Bay. Most of them were well-grown or possibly mature, and they differ in some respects from conspecific medusae from Kagoshima Bay described by Bigelow (1913) and also from T. nutricula in northern Japan. A description is given based on 10 larger specimens. One medusa could be parasitized by up to 100 or more trematodes. One out of 10 immature medusae with fewer than 30 tentacles degenerated and, following this species' usual course of rejuvenation, formed a hydroid that grew to consist of three zooids at 20°C; a month later this hydroid colony disappeared without releasing medusae. One large individual medusa was cut in half, and one half was further cut into two quarters, but these three pieces did not rejuvenate.

収録刊行物

  • 日本生物地理学会会報

    日本生物地理学会会報 58, 35-38, 2003-12-12

    日本生物地理学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013922487
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193863
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00678716
  • NDL 記事登録ID
    6801018
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-42
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ