精神障害者小規模作業所通所者の Quality of Life に関する研究 : 生活満足度に焦点をあてて A study on the quality of life in visitors to small-scale workshops for mentally handicapped persons focusing on the life satisfaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 叶谷 由佳 KANOYA Yuka
    • 東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科健康情報分析学 Analytical Health Science, Graduate School of Allied Health Sciences, Tokyo Medical and Dental University
    • 日下 和代 [他] KUSAKA Kazuyo
    • 東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科精神保健看護学 Mental Health Psychiatric Nursing, Graduate School of Allied Health Sciences, Tokyo Medical and Dental University
    • 佐藤 千史 SATO Chifumi
    • 東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科健康情報分析学 Analytical Health Science, Graduate School of Allied Health Sciences, Tokyo Medical and Dental University

抄録

 精神障害者小規模作業所通所者の生活満足度と個人的特性,客観的QOLとの関係を明確にすることを目的に首都圏の精神障害者小規模作業所7カ所に通所する精神障害者58名を対象とし,面接調査を行った。 その結果,以下のことが明らかになった。 <br> 作業所通所者の項目別生活満足度で,最も得点が高かったのは作業所に対する満足度の項目であり,最も得点が低かったのは障害者として扱われることに対する満足度であった。 生活満足度総得点と総入院期間とは負の相関があり,生活満足度と情緒的サポート得点は正の相関があった。 情緒的サポート,手段的サポートのいずれも家族の占める割合が大きかった。 <br> 調査結果から,地域で生活している精神障害者に対し,病院においては入院早期から地域に患者を帰す援助,入院施設と作業所との連携,精神障害者と家族との関係を改善させる援助,地域にノーマライゼーションを浸透させる働きかけが重要であることが示唆された。

To clarify the relationship among life satisfaction, demographics and subjective QOL in mentally handicapped persons, an interview research was conducted in 58 subjects who had mental disorders and had been visiting to 7 small-scale workshops for mentally handicapped persons.<br> Among the QOL scales scored by the subjects, the life satisfaction for workshops obtained the highest score, and the life satisfaction for treatment as handicapped persons obtained the lowest score. There was a negative correlation between the QOL and the total length of hospital stays, and a positive correlation between the QOL and the score of emotional supports. Families were shown to play a major role in both of emotional supports and supports as means. <br> As a consequence, four factors were found to be important for mentally handicapped persons who lived in the community; the approach to return them from the early-stage hospitalization to the community, the cooperation between hospitalization facilities and workshops, the cares to improve the relationship between their families and them, and the action to be permeated the concept of normalization into the community.

収録刊行物

  • 日本看護研究学会雑誌

    日本看護研究学会雑誌 26(1), 147-161, 2003-04-20

    一般社団法人 日本看護研究学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013922893
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00330079
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02859262
  • NDL 記事登録ID
    6565228
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-958
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ