小児補助循環9例の経験

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】小児補助循環9例に対し,専用システムを用いた。(1) 回路全体の生体適合性の向上と,ACT値を短縮させ出血のコントロールができるよう,システム全体のヘパリンコート化を図るため,術中使用のノンコートカニューレを補助循環移行時にヘパリンコートカニューレに入れ替えた。ACT値は150秒前後を基本に,出血が問題となる症例では130秒前後にコントロールした。移行に平均2.4分かかり,長時間の人工心肺が予想される場合やハイリスク症例には,あらかじめヘパリンコーティングカニューレを使用するなどの対策が必要である。(2) 補助循環への移行時のinitial drop軽減とヘマトクリット値維持を目的に,充填血液を人工心肺循環血液に置換した。効果的ではあるが,充填置換操作に時間を要し慣れが必要である。(3) 流量500ml/min以下の低流量症例に対し,血流量の安定と血栓発生の予防のため,回路内動静脈を短絡し血液を再循環させた。患者への送血流量に対し,約2倍の再循環血流量を維持し,安定した流量が得られた。血液の人工肺内への再循環のため,PCO2値が低くなる傾向にあったが,正常値を維持できた。ガス流量の注意深いコントロールが必要で,炭酸ガスの付加も検討すべきである。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 28(2), 38-43, 2001-06-01

    一般社団法人 日本体外循環技術医学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013925746
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ