使用製品の安全確認の重要性

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】医療製品を使用するにあたり,製品の安全点検を施行して患者に使用することが,医療行為を行う上で重要となる。メーカー側が製品に対し厳密な品質管理を行っているにも関わらず,発生してしまう製品不良に対しては,使用者である医療従事者が事故防止のために,使用前に点検を行うことは必須である。そこで今回,使用前の点検により発見された製品不良と点検方法についてまとめた。1999年1月~2000年8月の対象期間内に発生した製品不良には,人工肺の血液漏水や,静脈血貯血槽の脱血不良など,重篤な製品不良を経験した。これら製品不良に対しては,メーカーに返品し原因追求と改善を求めた。また点検時には異常はないが,時間経過とともに不良が発生するケースがあり,1回の点検のみではなく,使用中の安全確認も必要であると考えられた。使用前点検を行うとともに,製品に対する正しい知識を持つことが,製品不良の早期発見につながり,未然に事故防止が行えると考えられた。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 28(4), 6-8, 2001-12-01

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

キーワード

各種コード

ページトップへ