低充填量人工心肺回路による輸血量削減

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

開心術における無輸血達成率の向上を図るため,人工心肺(CPB)回路の改良により充填量(PV)を削減した。待機的CABG症例において,PV1,600mlのH群と800mlのL群で,血小板保存率,輸血量,出血量,尿量,CPBバランスを比較検討した。L群の回路は術野→静脈リザーバー(VR)→人工肺→動脈フィルタまでのチューブ径を10mm,動脈フィルタ→術野までのチューブ径を8mmとした。吸引脱血(VAVR)-ローラーポンプ送血によりVR出口をポンプヘッドの高さにし,ローラポンプ出口に人工肺-動脈フィルタを直線的に設置した。L群はCPB開始から血小板,Ht,血圧低下の変化率が低く,尿量,CPBバランスに有意差を認めた。VAVRを併用することで,VRの位置を上げることができ回路の短縮と脱血チューブの細径化が可能となった。またCPB終了後の回路内残血量が減少した。低充填量にすることで術後出血量が軽減でき,同種血輸血削減に効果があると考えられた。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 29(1), 25-28, 2002-03-01

    一般社団法人 日本体外循環技術医学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013925912
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ