ポリ2メトキシエチルアクリレートコーティングの臨床使用評価

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】当病院で2001年4月から5月までに行われた,待機成人開心術症例のうち,20例を無作為に選択し,PMEA Coating(X CoatingTM)CircuitとHeparin Coating Circuitを使用し,血小板数,顆粒球エラスターゼ,白血球数,ブラジキニンにおける両Coatingの生体適合性を比較検討した。両Coatingにおいて統計学的な有意差は見られなかった。このことから,PMEA CoatingはHeparin Cortingと同等の生体適合性を有すると示唆され,PMEA Coatingを用いることは,本邦における医療保険制度での医療材料費の軽減に繋がると考えられた。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 29(2), 112-115, 2002-06-01

    一般社団法人 日本体外循環技術医学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013925994
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ