脳炎に心・肺不全を併発し機械的補助を行った経験 : PCPSからV-V ECLAへ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】突然の意識障害と痙攣重積状態でICU入院になった患者に対し,通常の抗痙攣薬投与では重積状態を抑制できず,バルビツレートの大量投与を余儀なくされた。その副作用か,突然の徐脈を来し,ペーシングにカテコラミン大量投与を併用したが血行動態は改善せず,IABPによる補助を行ったがこれにも反応せずPCPSに踏み切った。開始27時間後酸素加能低下により回路交換を行ったが,その後劇的に心機能が改善し72時間後離脱し得た。しかし,心機能改善とともに肺機能低下が顕著化,PCPS離脱と同時に静脈内体外循環肺補助法(Vero Venous Extra Corporeal Lung Assist:V-V ECLA)に移行した。人工呼吸器の設定はrest settingとし,Ht≧40%,SvO2≧80%,SaO2≧90%に維持すべく送血流量を調節し,72時間後離脱可能となった。現在,救急集中治療領域では,多くの機械的補助・治療法が登場してきている。病態に応じた方法を的確に判断し施行しなければ,より病態が悪化してしまう可能性が充分に考えられる。今回,PCPSのみでの肺補助も考慮したが,PCPSの副作用を考えV-V ECLAへの移行を決断し良好な結果を得た。今後,より安全・迅速・簡便な方法,器材を検討していかなければならないと考えられた。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 29(2), 171-174, 2002-06-01

    一般社団法人 日本体外循環技術医学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

キーワード

各種コード

ページトップへ