拡張型心筋症に対する両室ペースメーカ植込み経験

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

薬物抵抗性の心不全に対する治療法として,心室収縮の非同期性の改善を目的とした両室ペーシング療法が登場した。今回,拡張型心筋症の3症例(症例1;73/M,症例2;79/M,症例3;79/F)に対し,両室ペースメーカ植込みを施行した。左室リードは冠静脈後側枝,右室リードは右室心尖部に留置し,心房同期にて両室同時ペーシングを行った。右室ペーシングに対し両室ペーシングでは,症例1にてQRS幅は200→160msec,左室駆出率(LVEF)は11→25%,脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)は553→462pg/mL, 6分歩行テストは340→360mと改善した。症例2はQRS幅は260→190msecと短縮,血圧は116/60(78)→122/61(82)mmHgと上昇を認めた。植込み後, LVEFは14→26%, BNPは956→333pg/mL,僧帽弁閉鎖不全症はIII→II度と軽減した。症例3においてはQRS幅は180→150msecに短縮,血圧は92/48(61)→131/77(93)mmHgと著明な上昇を認めた。3症例ともに両室ペーシングにて心機能の改善が図られ,本法は心不全の予後改善の新しいデバイスとして期待できる。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 29(3), 304-309, 2002-09-01

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013926163
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ