IABP施行時の下肢虚血に対する工夫

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】IABP施行時に生じた下肢虚血に対し,末梢側への血流確保に工夫をこらして救肢した。症例は,重症冠動脈狭窄による心原性ショックを呈した73歳の女性。両下肢の閉塞性動脈硬化症(ASO)を合併。左大腿動脈を経由したPCPS施行時に左下肢虚血を生じ,回路側枝からの送血で虚血は改善した。PCPS離脱後,左大腿動脈からIABPを施行したところ,左下肢虚血が生じた。ASOや動脈圧ラインの関係で適当な動脈血脱血路がないため,まず大腿静脈血を80mL/minで下肢へ送血したが虚血は改善されなかった。やむなく動脈圧モニターを犠牲にして上腕動脈血を80mL/minで送血した。これにより下肢虚血は改善し救肢し得た。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 30(1), 37-38, 2003-03-01

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

ページトップへ