脳内酸素飽和度モニタINVOS 4100の使用経験

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【要旨】非侵襲的で連続的な脳酸素飽和度モニタであるEdward社製INVOS4100(INVOS)を,選択的脳潅流(SCP)を行った8症例で使用した。体外循環中の脳酸素飽和度(rSO2)の変化と循環停止時,左総頸動脈血流停止時から2分前と2分後の比較と,SCP開始5分前と5分後の左右差を比較した。体外循環中rSO2値は,手術操作,体温などにより変化した。循環停止時から2分後のrSO2値は左右両チャンネルで,左総頸動脈血流停止時から2分後のrSO2値は左チャンネルで有意に低下したことから,INVOSは鋭敏なモニタであると考えられた。左右差においてはSCP開始後,有意に拡大した。左右のSCPは形状の違うカニューレで送血したため,左右の脳血流量が均等に流れていない可能性が示唆された。INVOSは,脳の酸素状態が鋭敏にモニタできたことから,SCPを操作するうえで有用なモニタであると考えられた。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 30(3), 285-289, 2003-10-01

    一般社団法人 日本体外循環技術医学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013926438
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ