霞ケ浦におけるアサザ個体群の衰退と種子による繁殖の現状 Conservation ecological study of Nymphoides peltata in Lake Kasumigaura

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 西廣 淳 NISHIHIRO Jun
    • 国土交通省国土技術政策総合研究所環境研究部緑化生態研究室 Landscape and Ecology Division, Environment Department, National Institute for Land and Infrastructure Management, Japan Ministry of Land, Infrastructure, and Transport
    • 藤原 宣夫 FUJIWARA Nobuo
    • 国土交通省国土技術政策総合研究所環境研究部緑化生態研究室 Landscape and Ecology Division, Environment Department, National Institute for Land and Infrastructure Management, Japan Ministry of Land, Infrastructure, and Transport
    • 鷲谷 いづみ WASHITANI Izumi
    • 東京大学農学生命科学研究科生圏システム学専攻 Department of Ecosystem Studies, Institute of Agricultural and Life Sciences, University of Tokyo

抄録

アサザは絶滅危惧II類に分類される多年生の浮葉植物である.霞ケ浦は我が国におけるアサザの最大規模の自生地であった.しかし近年,霞ケ浦のアサザは急速に衰退していることがわかった.すなわち,1996年には34の局所個体群が確認され展葉範囲の総面積は99,497m<SUP>2</SUP>だったが,2000年には局所個体群数は14に,展葉範囲の総面積は10,081m<SUP>2</SUP>にまで減少していた.また1996年にみられた局所個体群のうち5つでは,異型花柱性植物としての健全な種子生産のために必要な複数の花型の開花が認められたが,2000年には複数の花型の開花が認められた局所個体群は1つのみになっており,この局所個体群以外ではほとんど種子が生産されていなかった.一方,1996年までは良好な種子生産がみられた局所個体群の近くの湖岸では,アサザの実生の出現が認められた.しかし,1999年にこれらの実生約2000個体に標識して生存を調査したところ,それら全てが死亡・消失しており,定着は認められなかった.アサザの幼株も見出されず,霞ケ浦のアサザ個体群では更新がまったく起こっていないことが示唆された.また2000年にも同じ場所で実生の調査を行ったところ,発芽量自体が激減していた.これは調査場所付近のアサザ局所個体群が1999年に消失し,種子が供給されなくなったためと考えられる.2000年に確認された実生は1998年以前に生産されて永続的土壌シードバンク中で生存していた種子が発芽したものと考えられ,同じことが毎年繰り返されれば,霞ケ浦のアサザの土壌シードバンクは無駄な発芽によって消費し尽くされることが予測された.

Nymphoides peltata is an endangered floating-leaved plant species. Lake Kasumigaura once contained one of the largest populations of the plant in Japan. However, recent monitoring on the metapopulation status revealed a rapid dwindling of this species in the lake. During 1996-2000, the number of the local populations decreased from 34 to 14 and total area occupied by the plant decreased from 99, 497 to 10, 081m<SUP>2</SUP>. In 1996, five local populations were constituted from both long- and short-styled morphs of the heterostylous floral polymorphism, however, four of them have been extinct by 2000. Although more or less seeds were produced in all nine local populations examined in 1994 and 1995, only negligible seed set was recorded in 2000 except a local population, in which a considerable amount of seeds were produced. Although some seedlings were observed to emerge on the beach along the shoreline near some remaining local populations, all 1, 768 seedlings marked in 1999 spring failed to establish. Furthermore, we could find no juvenile plants established in the study area covering approximately 2 ha. These results suggest that during recent years recruitment has been unsuccessful in the lake metapopulation of N. peltata. The smaller number of seedlings emerged in 2000 than in previous years may be caused by decrease in seed supply due to the extinction of the local populations. It is feared that futile germination will exhaust the soil seed bank of the species in near future.

収録刊行物

  • 応用生態工学 = Ecology and civil engineering

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 4(1), 39-48, 2001-07-17

    応用生態工学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013953515
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528360
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13443755
  • NDL 記事登録ID
    5863747
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B482
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ