日本産ガマ属3種の地下部動態とその生長戦略 Belowground dynamics and growth strategy of three Typha spp. in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田中 規夫 TANAKA Norio
    • 埼玉大学工学部建設工学科 Department of Civil and Environmental Engineering, Faculty of Engineering, Saitama University
    • 関 渉 SEKI Wataru
    • 埼玉大学大学院理工学研究科 Graduate School of Science and Engineering, Saitama University

抄録

湿地植生の遷移は自然再生事業において維持管理上重要な視点となる.しかし,抽水植物の拡大特性や遷移については不明の点が多いため,抽水植物間の競合の優劣を考慮し立地条件を把握することが重要な課題となっている.本研究は,日本産ガマ科3種(コガマ,ガマ,ヒメガマ)の地下部動態の相違からその生長戦略を探り植生管理に必要な知見を得ることを目的とした.<BR>現地観測では,各器官毎の乾燥重量の季節動態,群落生産構造の調査(群落内の日射量と高さ毎のバイオマス計測),群落の密度,葉面積,植物体内に含まれるNの含有率を計測し生長戦略を分析した.また,より詳細な過程を推論するため,生長モデルによる解析を行った.<BR>現地観測の結果,ガマ科のR/S比,Root/Rhizome比は,生育する湛水深と関係があり,深い湛水深で育つ種ほど地下茎が発達し,相対的に根の割合が少なくなることが明確となった.ガマとヒメガマの地下茎の栄養に従属する生長期間は土壌栄養状態が貧しいほど長いことが確認されたが,コガマの従属生長期はそれらよりも非常に短い.コガマとヒメガマの器官間の栄養輸送フラックスを光合成に対する割合で評価したところ,従属生長期における地下茎の利用は量・期間ともにヒメガマよりも少ないことが判明した.すなわち,コガマは地下茎の栄養に従属する割合は低く生育する地点を先取りすることを優先とした生長を行い,拡大能力で勝負するガマや,地下茎を大きく太らせることで深い湛水深にたえるヒメガマとは異なる戦略が確認された.ウェットランドを適切に維持管理するためには,種毎の地下部動態や生長戦略を把握する必要がある.

Belowground dynamics and strategies were analyzed with respect to three species of Typha spp. in Japan. Root and shoot ratio (R/S) and root and rhizome ratio of them were closely related to the order of their maximum penetrating water depth. More rhizome were developed with deeper water depth, accordingly, biomass allocation for roots became smaller. Bioenergetic model of T. orientalis was formulated for analyzing their belowground strategy and indicated that nutrient flux from below to aboveground organs in heterotrophic season were smaller than T. angustifolia. T. latifolia, T. angustifolia and T. orientalis has each different strategy, enlargement, deep water penetration and preemption, respectively. Typha orientalis increases their density before flowering and the flowering season was the last among three species. Preemption of belowground space was the important strategy for T. orientalis.

収録刊行物

  • 応用生態工学 = Ecology and civil engineering

    応用生態工学 = Ecology and civil engineering 6(1), 25-34, 2003-08-30

    Ecology and Civil Engineering Society

参考文献:  29件中 1-29件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013954616
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11528360
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13443755
  • NDL 記事登録ID
    6850202
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業) // ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B482
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ