量子ワンタイムパッドに用いる作用素数に関する線形代数的アプローチ A linear algebra theoretic aproach to the necessary number of operators for a quantum one-time pad

この論文をさがす

著者

    • 萩原 学 HAGIWARA Manabu
    • 東京大学生産技術研究所情報・システム大部門今井研究室 Institute of Industrial Science, University of Tokyo
    • 今井 秀樹 IMAI Hideki
    • 東京大学生産技術研究所情報・システム大部門今井研究室 Institute of Industrial Science, University of Tokyo

収録刊行物

  • 情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集 = The proceedings of the Symposium on Information Theory and Its Applications 26(2), 645-646, 2003-12-15

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

  • <no title>

    FULTON William

    Representation Theory

    被引用文献1件

  • <no title>

    KLAPPENECKER Andreas

    Beyond Stabilizer Codes I : Nice Error Bases

    被引用文献1件

  • <no title>

    MOSCA Michele

    Private Quantum Channels and the Cost of Randomizing Quantum Information

    被引用文献1件

  • <no title>

    BOYKIN P. Oscar

    Optimal Encryption of Quantum Bits

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013958118
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11796188
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ