脱神経後の内喉頭筋萎縮に対する機能的電気刺激の効果 The Effects of Functional Electrical Stimulation on Intrinsic Laryngeal Muscle Atrophy after Denervation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 片田 彰博 KATADA Akihiro
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otolaryngology Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College
    • 野中 聡 NONAKA Satoshi
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otolaryngology Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College
    • 国部 勇 KUNIBE Isamu
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otolaryngology Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College
    • 安達 正明 ADACHI Masaaki
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otolaryngology Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College
    • 執行 寛 SHIGYO Hiroshi
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otolaryngology Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College
    • 今田 正信 IMADA Masanobu
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otolaryngology Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College
    • 林 達哉 HAYASHI Tatsuya
    • 旭川医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otolaryngology Head and Neck Surgery, Asahikawa Medical College

抄録

著者版動物を用い,機能的電気刺激が反回神経麻痺による内喉頭筋萎縮を抑制できるかどうかを検討した.機能的電気刺激を加えなかった動物群においては,脱神経後の萎縮性変化が観察され,筋,および筋線維断面積が減少し,筋線維密度が増加した.機能的電気刺激を加えた動物においても,反回神経切断後2週目までは機能的電気刺激を加えなかった動物と同様の萎縮性変化が観察された.しかし,その後,回復傾向に向かい,反回神経切断後6〜8週目では,筋,および筋線維断面積,筋線維密度は健側と同様の状態になった.機能的電気刺激は,麻痺している内喉頭筋に生じる萎縮性変化を抑制することが明らかになった.これは,機能的電気刺激が反回神経麻痺より生じる喉頭機能の障害を軽減する可能性を示したものと思われた

収録刊行物

  • 日本気管食道科学会会報

    日本気管食道科学会会報 54(4), 270-276, 2003-08-10

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013989273
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187474
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00290645
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR 
ページトップへ