コンパクトシティ・マネジメントにおける行動変容戦略の不可欠性 AN INDISPENSABILITY OF MOBILITY MANAGEMENT TO REALIZE SUSTAINABLE COMPACT URBAN LAYOUT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

今後わが国は今までに経験のない人口減少状況の中で交通環境の改善, 都心部の活性化などの課題に対応することが求められる. そのための都市づくりのコンセプトとしてコンパクトシティが着目されているが, 実証的な観点にたつ都市の具体的な撤退戦略については展望がない. 本研究では, 地方中心都市を対象に, 人口減少をどのような分布と構成で受け入れる必要があるかを実データに基づき, 詳細な地区レベルで検討した. ガソリン消費量などのサステイナビリティに関連する多様な指標で評価を行った結果, ただ単に都市構造をインフラ面からコンパクトにするだけでは改善は望めず, 抜本的な行動変容の促進とあわせた政策パッケージの導入必要性が示された.

The compact urban layout is expected as the ideal urban form from sustainable point of view for coming decreasing society. Now we are required to promote orderly and effective retreat from suburbs, but it is not easy. This study aims to clarify how important to execute Mobility Management with compact urban reform. The case study of local central cities indicates that just retreat from suburbs is not enough to improve indexes concerning sustainability. It is clarified that Mobility Management such as behavior modification is indispensable for retreating residents from suburbs to achieve sustainable target with compact urban reform.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (786), 135-144, 2005-04-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

被引用文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10014005949
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7307980
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ