外出抑圧の緩和に配慮した都市部路線バスの標準的運行計画策定に関する研究  [in Japanese] Studies on Planning of Bus Service Standards Considering Potential Travel Needs in the Urban Areas  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

これまで,地域のモビリティを支える路線バスの運行計画は,どちらかと言えば事業者主導ですすむ傾向にあった.しかし,バスの規制緩和を受けて,市民のモビリティを保障するためには,市町村が責任を持って地域公共交通計画を立てていくことが重要である.ただ,今日の市町村には潤沢な財源が確保されていない状況にあり,地域公共交通全体を効率的かつより自律的に維持していく方策も合わせて検討していく必要がある.また,市町村がバスサービスの設定をする際に目安として活用できる運行計画の標準を提示する事が望ましい.本研究では,都市部における路線バスの標準的な運行計画を導きだすとともに,それを簡便に計算できるプログラムを開発した.バス路線沿線の人口密度から損益分岐点となるバス便数を算出することにより,標準的なバスサービスレベルを提示したが,概ね実際のバス路線の採算状況に適合したものになっており,有効なプログラムを開発できた.また,バスの集客数を予測する過程のなかで,便数の増加により顕在化した外出ニーズを定量的に示すことを試みた.その結果,自由車を持たない層で外出量が増加することが分かった.

Ensuring citizen's mobility is one of the most important issues of public transport planning, because some bus routes are abolished and the number of buses running is decreased according to increase car trips. In this situation, people without their own car, especially the elderly or the disabled, tend to be "Transportation Poor". However, local governments in Japan generally do not have much experience of bus service planning, and we need to show the basis of bus service levels and construct guidance of bus planning method. In this paper, we tried to construct bus service standards with developing trip frequency models and modal split models. In addition, we also considered potential travel needs.

Journal

  • Journal of the City Planning Institute of Japan

    Journal of the City Planning Institute of Japan (39), 481-486, 2004-10-25

    The City Planning Institute of Japan

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10014121841
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10276504
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL Article ID
    7167719
  • NDL Source Classification
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL Call No.
    Z3-992
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top