旭川医科大学眼科における過去5年間の角膜移植術の成績 Results of Keratoplasty at Asahikawa Medical College during Past 5 Years

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

雑誌掲載版角膜移植術を行い6ヵ月以上経過した97例108眼について検討した.全層角膜移植術は99眼に行い,内訳は角膜白斑45眼,水疱性角膜症29眼,角膜潰瘍9眼,円錐角膜5眼,ヘルペス後実質混濁4眼,外傷5眼,その他2眼であった.表層角膜移植術は6眼に行い,角膜輪部デルモイド4眼,周辺部角膜潰瘍2眼であった.深部表層角膜移植術は角膜脂肪変性3眼に行った.全層角膜移植術の透明治癒率は全体で85%,視力改善は69%で認められた.表層角膜移植術,深部表層角膜移植術では全例に透明治癒が得られ,視力改善は深部表層角膜移植術の全例で得られたが,表層角膜移植術例はいずれも不変であった.術後合併症は全層角膜移植術の20眼に認め,うち拒絶反応が11%を占めた

収録刊行物

  • あたらしい眼科 = Journal of the eye

    あたらしい眼科 = Journal of the eye 21(9), 1229-1232, 2004-09-30

    メディカル葵出版

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10014262743
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10066410
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09101810
  • NDL 記事登録ID
    7099038
  • NDL 雑誌分類
    ZS42(科学技術--医学--眼科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1564
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ