集中治療における新しい鎮静薬 塩酸デクスメデトミジン(プレセデックス)の薬理学的特徴と臨床試験成績 New sedative in intensive care, Dexmedetomidine hydrochloride (Precedex), its pharmacological characteristics and clinical study result

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 泰地 和子 TAIJI Kazuko
    • アボット ジャパン株式会社 開発本部 開発第一グループ Development & Regulatory, Therapeutic Group 1, Abbott Japan Co., Ltd.

抄録

塩酸デクスメデトミジン(プレセデックス)は,強力かつ選択性の高い中枢性α<sub>2</sub>アドレナリン受容体作動薬である.α<sub>2</sub>アドレナリン受容体作動薬は,鎮静および鎮痛作用,抗不安作用,ストレスによる交感神経系亢進を緩和することによる血行動態の安定化作用等,広範な薬理作用を示す.本薬はラット大脳皮質における受容体親和性試験において,α<sub>2</sub>アドレナリン受容体に対して高い親和性と選択性を示し,α<sub>2</sub>受容体への親和性はα<sub>1</sub>受容体への親和性よりも約1300倍高かった.鎮静作用については,各種動物モデルで,用量依存的な自発運動量の低下,正向反射の消失,鎮静スコアの増加がみられた.鎮痛作用についても,各種動物モデルで,用量依存的な痛みからの逃避潜時延長作用がみられた.本薬の鎮静作用に関する作用部位は青斑核であると考えられ,本薬を青斑核内投与することにより,ほぼ全例で正向反射の消失が認められた.また,α<sub>2A</sub>受容体変異マウスにおける成績より,本薬の鎮静作用はα<sub>2A</sub>受容体サブタイプを介して発現することが示唆された.本薬は,ほとんどが肝代謝を受け,血中から速やかに消失する.日本において実施された第II/III相多施設共同プラセボ対照二重盲検ブリッジング試験では,胸部·上腹部の手術後,集中治療室に収容された患者を対象とし,有効性および安全性を検討した.鎮静作用については,挿管中に治療用量のプロポフォール(>50 mg)の追加投与を必要としなかった症例の割合を有効率として算出し,本薬投与群で有意に高かった(本薬群:90.9%,プラセボ群:44.6%).鎮痛作用については,挿管中にモルヒネの追加投与を必要としなかった症例の割合を有効率として算出し,本薬投与群で有意に高かった(本薬群:87.3%,プラセボ群:75.0%).有害事象については,本薬群で高血圧および低血圧が主なものであった.<br>

Dexmedetomidine hydrochloride (Precedex) is a potent and highly selective central α<sub>2</sub>-adrenoreceptor agonist. In a test of affinity to receptors in rat brain cortex, this drug showed a high affinity and selectivity to the α<sub>2</sub>-adrenoreceptor. This drug induced a dose-dependent decrease in activity, loss of righting reflex, an increase in sedation score, and a dose-dependent prolongation of the latent time of escape from pain in various animal models. The site of action for the sedative action of this drug is considered to be the locus coeruleus. With administration of this drug into the locus coeruleus, loss of righting reflex was observed in almost all animals. Test results using mice with variant α<sub>2A</sub>-receptor suggested that the sedative action of this drug is expressed through the α<sub>2A</sub>-receptor subtype. This drug is promptly eliminated from blood. In the phase II/III multi-center placebo-controlled double blind bridging study conducted in Japan, efficacy and safety were examined in patients brought to the ICU. As regards sedative action, the ratio of patients who did not require additional propofol medication (>50 mg) while intubated was taken as the effective rate. The drug group showed a significantly high effective rate (90.9%; placebo group, 44.6%). Similarly, with analgesic action, the ratio of patients who did not require additional morphine medication during intubation was taken as the effective rate. The effective rate for the drug group was significantly high (87.3%; placebo group, 75.0%). The main adverse events observed in the drug group were hypertension and hypotension.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 124(3), 171-179, 2004-09-01

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10014284519
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    7081567
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ