3. 味覚センサーで味と香りを測る(Taste sensor)(<特集>おいしさのスケール確立に向けて)  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 都甲 潔 Toko Kiyoshi
    • 九州大学大学院システム情報科学研究院 Graduate School of Information Science and Electrical Engineering, Kyushu University

Abstract

脂質膜を用いた味覚センサーは1990年に特許出願され、日本、欧米の数ヶ国で、味を測るための基本特許として認可されている。3年前に味覚センサーの開発、製造、販売に特化した会社、インテリジェントセンサーテクノロジー、が設立され、さらなる改良が施された。その結果、現在では、各味質に特化した受容膜が開発され、さらに食品の香りを測る方法も提案されるに至っている。2004年9月には、食品のデータベースを基盤とする味香り戦略研究所が設立され、ユビキタスネットワーク時代への普及、展開が計画されている。私たちは昧や香りの尺度をもとに、食品の質に関する情報をいつどこでも得ることのできる時代に突入している。

Journal

  • The Japanese journal of taste and smell research

    The Japanese journal of taste and smell research 11(3), 237-248, 2004-12

    The Japanese Association for the Study of Taste and Smell

References:  13

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10014334408
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11426393
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13404806
  • NDL Article ID
    7234478
  • NDL Source Classification
    ZS8(科学技術--医学--解剖学・生理学・生化学)
  • NDL Call No.
    Z19-B394
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top