アルミニウム合金の高速切削における工具材種の影響  [in Japanese] The effect of tool material on machinability in high-speed cutting of an aluminum alloy  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年, 工具の性能向上にともない, 加工の高速化, 高性能化への要求はますます高くなっている. 本研究では, 高速切削における工具材種の影響について明らかにすることを目的とし, 超硬, PCD, DLCの各種工具を用いて, アルミニウム合金に対し正面切削を行った. そのときの, 切削抵抗, 仕上げ面あらさ, 工具摩耗を測定した. その結果, PCD工具を用いた場合, 他の工具を用いたときよりも切削抵抗を減少でき, 良好な仕上げ面を得られることが明らかとなった. また, 工具摩耗も抑制できることが明らかとなった.

Journal

  • Journal of the Japan Society for Abrasive Technology

    Journal of the Japan Society for Abrasive Technology 49(5), 254-258, 2005-05-01

    The Japan Society for Abrasive Technology

References:  4

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10015520145
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10192823
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09142703
  • NDL Article ID
    7342502
  • NDL Source Classification
    ZN11(科学技術--機械工学・工業)
  • NDL Call No.
    Z16-1147
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top