出産を体験した女性が評価する妊産褥期のケアの質 Quality of Cares During Pregnancy, Delivery and Postpartum Periods Evaluated by Women

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究はケアの受け手である女性が妊娠・分娩・産褥期のケアをどのように評価しているか実態を明らかにすることを目的として行った。6都府県26施設 (助産所・個人医院・総合病院・大学病院) に入院中の正常褥婦1,065名に質問紙が配布され, 有効回答は816名 (76.6%) から得られた。 測定用具は, 研究者らが開発した自記式質問紙であり, 信頼性・妥当性の検討を行った。 その結果, 妊娠・分娩・産褥期のすべてのケア得点が最も高かったのは助産所であり, いずれも低得点であったのは総合病院でケアを受けた褥婦であった。 ケアの満足度についても, 最も高かったのは助産所であり, 次に個人医院, 大学病院, 総合病院の順であった。 これらの各期のケア得点と全期間のケアに対する満足度は助産所の得点が, 他の施設に比べて有意な差で高得点であった。 顧客の再来・他者への紹介については, 助産所が最も高く, 次いで, 個人医院, 総合病院, 最後は大学病院であった。この施設間の平均値には, 有意な差が認められた。 ケアの満足度を予測する変数としては, 妊娠・分娩・産褥期のケア得点であり, 同様に, 顧客の再来・他者への紹介を予測する変数としても, 先述の各期のケア得点が選ばれた。

収録刊行物

  • 日本助産学会誌

    日本助産学会誌 11(1), 9-16, 1997-12-10

    日本助産学会 = Japan Academy of Midwifery

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10016051612
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10216477
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09176357
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR 
ページトップへ