鯨生態観測衛星システムとその応用(リモートセンシング及び一般) Whale Ecology Observation Satellite System and Its Applications

この論文をさがす

著者

抄録

鯨生態観測衛星(WEOS, 観太くん)は2002年12月14日に種子島宇宙センターからH-IIA-4号機により、高度800kmの太陽同期軌道に打ち上げられ、それ以来千葉工業大学津田沼キャンパスに設けられた地上管制装置によりデータ取得が順調に続けられている。鯨に対する生態観測プローブの取り付けはいまだ成功していないが、数多くの試行により装着の見通しが得られつつある。ここでは衛星、地上系、プローブとその装着について、その開発方針と其の成果について述べ、さらに本システムの応用として展開している計画とその結果を示す。

The Whale Ecology Observation Satellite (WEOS) was launched on Dec.14, 2002 from Tanegashima by H-IIA-4 vehicle onto a sun synchronous orbit of 800km high. Since then the data sent from WEOS is kept received by a ground control center built at Chiba Institute of Technology. Attachment of probe to whale is not yet attained, but through number of trials, we are approaching to complete the system successfully. This paper describes the general idea of whole system and its applications now being developed.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス

    電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス 105(102), 13-20, 2005-05-20

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10016153969
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013301
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7362936
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ