グレイン論に基づく街並みの歴史的イメージ分析 AN ANALYSIS OF HISTORICAL STREET IMAGE BASED ON "GRAIN THEORY"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 店舗や住宅など, 街路の沿道要素を粒として捉える「グレイン論」を導入することによって, 歴史的印象を感じられる街路の条件を明らかにすることを目的とする. 歴史的な街路を対象とした実験で得た歴史的印象評価とグレイン構成比の関係を分析した結果, 次のような結論を得た. 1) 街路の歴史的イメージはグレイン構成比と強く相関しており, 街路イメージの分析にグレイン論の適用が有効である. 2) 街路に歴史性を感じると評価されるには, 歴史的ファサードを持ったグレインが全体の20-30%以上必要であり, かつ, 歴史性を阻害するグレインは歴史性に寄与するグレインの10-20%以下でなければならない. 3) 歴史的印象評価をグレイン構成比等から予測する式を提示し, これを通じて街路の歴史性評価を上げるための方策を提案した.

This paper aims to measure a historical impression of streets on the composition of roadside elements. “Grain Theory” was introduced that intends to analyze the character of streets or districts by the density of town element such as shops and housings. The results of an experiment on the historical impression were analyzed by 11 sorts of grains. As a result, some important facts were gained : to get an historical image, over 20-30% of authentic grains were needed, and disturbing grains should be under 10-20% of historical grains. And a formula was shown that predicts the historical impression of a street on the composition of grains. Some measures to reinforce the historical street image were taken from it.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (800), 27-36, 2005-10-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10016376354
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7480802
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ