日本手話におけるプロミネンス : その産出メカニズムに関する予備的研究(視覚障害/聴覚障害/一般) Prominence in Japanese Sign Language : Pilot Study for the productive mechanism of prominence

この論文をさがす

著者

抄録

手話研究において, 手話の単位周辺に生じるプロミネンスについて分析を行うことは技術的に可能になってきている.本研究では, 手話の動きを単語内の小さな単位に区切る手法を報告するとともに, 強調手話と非強調手話との比較によって各単位ごとの運動量の変化について分析を行う.本研究で分析に用いられるデータは, 3人のネイティブ手話者によって2つのモードで各5回ずつ繰り返して産出された3単語である.因子分析の結果, 強調手話では単語内の語彙的な意味をもつ動きが高いプロミネンスを示すことがわかった.また強調手話では, 語彙的な意味をもつ動きの前のわたりの動きの多様性や長いポーズの挿入も観察された.

In sign language research, technically it has been possible to analyze prominence around a unit of sign. This research proposes techniques to delimit a sequential hand-movement into small units, and analyzes the prominence by the comparisons of kinematic properties on each unit between emphasized signing and non-emphasized signing in Japanese Sign Language. The original data for this paper came from 3 words which were produced by 3 native signers, 5 times in 2 modes. The result of Factor Analysis showed that prominence on the lexical parts of the sign movements in emphasized signing was most distinctive through all subjects and examples. The varieties in the transitional part of the sign movements and the longer pause insertions before the lexical part of the sign movements were also observed.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 105(66), 51-56, 2005-05-12

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10016435128
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7354873
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ