実写画像ベースの手話映像合成技術を利用した情報提供システム(視覚障害/聴覚障害/一般) Real Image-based sign language synthesizing system and its application to information systems

この論文をさがす

著者

抄録

手話映像による情報提供を行うための方法として、コンピュータグラフィックス(CG)合成によるものではなく、実写手話映像の断片をモーフィング処理も入れながら複数結合することにより合成する方法を提案する。これにより、電車遅延情報のような時々刻々と変わる情報であっても、実写画像から合成した手話映像として情報提供ができるようになる。この手話映像合成エンジンの応用例として、RFIDタグと連携して、天気予報、電車遅延情報といった場所や時間によって変化する情報を、合成手話映像によって提供するシステムを試作した。

This paper describes a sign language synthesizing system and its application to information systems. The system utilizes video captured deaf person's signing images for synthesizing sentences in sign language. By combining signed words sampled from these sentences, the system synthesizes and represents a given text sentence in sign language. We used the synthesizing system to present location-based information in sign language.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学

    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学 105(67), 1-6, 2005-05-13

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10016435140
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1155230X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7354907
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ