難読プログラミング言語Malbolgeにおけるプログラム構成手法 Programming Method in Obfuscated Language Malbolge

この論文をさがす

著者

抄録

プログラミング言語Malbolgeは, 意図的に言語仕様を難解に設計し, その言語上でのプログラムの作成や解読を困難にすることを目的とした, 難読(難解)プログラミング言語である.本研究では, ソフトウェア保護技術であるプログラムの難読化に応用することを目的として, Malbolge上で高度な機能を実現するためのプログラミングの指針を示す.

Malbolge is an obfuscated (esoteric) programming language, which is designed to be difficult to program in. In this paper, we propose a guide for programming in Malbolge for the purpose of the application for obfuscation in software protection.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス

    電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス 105(129), 25-30, 2005-06-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10016575789
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013287
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    7380927
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ