ドッキング・サイトを介したMAPキナーゼ情報伝達経路のシグナル特異性決定機構 Conserved docking site is essential for activation of mammalian MAP kinase kinases by specific MAP kinase kinase kinases

この論文をさがす

著者

    • 武川 睦寛 TAKEKAWA Mutsuhiro
    • 東京大学医科学研究所 分子細胞情報分野 Molecular Cell Signaling, Institute of Medical Science, The University of Tokyo

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 40(4), 282-283, 2005-08-28

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10016687433
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ