音声スペクトル形状を考慮した定常無意味雑音によるスピーチプライバシー保護  [in Japanese] Speech privacy protection using meaningless steady noise considering the spectral level form of speech  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

会話の秘話性が必要とされるオープンスペースでスピーチプライバシーを保護する方法の一つとして, 定常雑音を用いて対象となる音声をマスクすることが考えられる.これまでの研究では, 様々なスペクトル形状を持つ種々の音声を頑健にマスクするには帯域制限ピンク雑音が有効であるとの知見が得られている.しかしながら, 会話者固有の音声スペクトル形状に応じた雑音を用いることによって, 周囲の人々のうるささや騒々しさに関する心理的印象を更に低減できるものと思われる.このような観点から本研究では, 会話音声と同一のスペクトル形状を持つ定常雑音を採用し, スピーチプライバシー保護に関する有効性について検討している.

This study focuses on achieving speech privacy using a meaningless steady masking noise. Previous study adopted a band-limited pink noise as a meaningless steady noise to robustly mask speeches that has various power spectra. In this study, a method of masking speech with meaningless steady noise considering the spectral level form of speech to reduce annoyance and noisiness was considered. From the results, the validity and the usefulness of the meaningless steady noise was confirmed.

Journal

  • Technical report of IEICE. EA

    Technical report of IEICE. EA 105(348), 55-60, 2005-10-14

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  10

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10016768796
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10164817
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL Article ID
    7703326
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-940
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top