身体動揺を考慮した人体部位の形状計測法(三次元形状, <特集>画像の認識・理解論文)  [in Japanese] Accurate 3D Scanning of Trunk Swaying Human Body Parts  [in Japanese]

Author(s)

Abstract

光切断法による人体の三次元形状計測では, 人が完全に静止できないことに起因する計測形状のひずみを軽減するため, 計測の高速化が図られてきた. これに対し, 本研究では, 形状計測中の体の揺れである身体動揺を部位ごとに計測し, これに基づいて計測形状を補正することにより, 計測の高速化をしなくても計測精度を向上させる手法を提案する. 実験により, 光切断法による計測精度が1mm以下であっても, 身体動揺の影響で計測形状の誤差が10程度になること, 提案手法では2mm程度の計測精度を達成できることを示した.

Journal

  • The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-II

    The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-II J88-D-II(8), 1530-1538, 2005-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  8

Cited by:  3

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10016796631
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    7438913
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top