実時間画像処理に基づくオフサイドライン可視化システム(映像メディア処理, <特集>画像の認識・理解論文)  [in Japanese] Visualization of Offside Lines Based on Realtime Video Processing  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

実時間画像処理に基づくサッカー中継映像用のオフサイドライン可視化システムを開発した. 本システムは, 固定カメラ画像中の人物を抽出し, そのワールド座標を求める. 更に色情報に基づいてユニフォームを分類することでフォーメーション解析を行ってオフサイドライン位置を特定する. 中継用カメラのパン・ズーム操作をロータリエンコーダによって計測することで, ワールド座標を実写ハイビジョン映像上に変換し, パン・ズーム操作に連動したオフサイドラインを仮想表示することができる. 本論文では, システムのブロック構成を追いつつ画像処理手順について定式化を行う. また, 実際のJリーグ公式戦において実施したフィールド実験の結果を示す.

Journal

  • The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-II

    The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. D-II J88-D-II(8), 1681-1692, 2005-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  13

Cited by:  12

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10016796872
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11340957
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    09151923
  • NDL Article ID
    7439056
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-1853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top