ギャップのあるマイクロリング共振器のフィルタ特性解析(光エレクトロニクス)  [in Japanese] The Filtering Characteristic of a Microring Resonator with a Gap  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

    • 岡本 浩行 OKAMOTO Hiroyuki
    • 阿南工業高等専門学校制御情報工学科 Department of System and Control Engineering, Anan National College of Technology
    • 原口 雅宣 HARAGUCHI Masanobu
    • 徳島大学工学部光応用工学科 Department of Optical Science and Technology, Faculty of Engineering, The University of Tokushima
    • 福井 萬壽夫 FUKUI Masuo
    • 徳島大学工学部光応用工学科 Department of Optical Science and Technology, Faculty of Engineering, The University of Tokushima

Abstract

マイクロリング共振器は集積化が容易であることから, 光集積回路への応用などについて研究が進められている. しかし, 有効な特性を得るためには複数個のマイクロリング共振器を組み合わせる必要があり, その場合マイクロリング共振器間の間隔の制御が難しく, サイズが大きくなるなどの問題がある. そこで一つのマイクロリング共振器のみで有効な特性を得られる構造としてギャップが二つあるマイクロリング共振器に着目し, その特性を明らかにした. まず, ギャップが一つあるマイクロリング共振器についてギャップ幅が特性に与える影響を明らかにした. 次にギャップが二つある構造のギャップの幅やギャップの間隔が特性に与える影響を明らかにし, 自由スペクトル領域の拡大や透過帯域の平たん化がギャップのあるマイクロリング共振器が一つの構造で可能であることを明らかにした.

Journal

  • The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. C

    The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. C J88-C(8), 646-654, 2005-08-01

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

References:  18

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10016797568
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11412446
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    13452827
  • NDL Article ID
    7441439
  • NDL Source Classification
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL Call No.
    Z16-607
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top