時変パラメータ自己回帰モデルを用いた繭糸繊度系列の生成シミュレーション  [in Japanese] Simulation of Size Series of Cocoon Filament with Time Varying Parameter Auto-Regressive Model  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

原料繭荷口が持つ数理情報を統計的に捉えるために, 時変パラメータ自己回帰モデルを用いて繊度時系列を生成するシミュレーション実験を行った。原料繭の繭糸長を統一した上で, 繭糸繊度系列より傾向変動成分と波動成分を分離し, 波動成分を非定常時系列として取扱い, 時変パラメータ自己回帰モデルを用いて解析を行った。さらに得られた原料繭のパラメータから, 生成シミュレーションを用いて原料繭特性を反映した繭糸繊度時系列群を生成した。9種類の繭糸データに基づき生成シミュレーションを行った結果, 本手法の有効性を明らかにすることができた。

Journal

  • The Journal of Silk Science and Technology of Japan

    The Journal of Silk Science and Technology of Japan 14, 87-91, 2005-12-01

    The Japanese Society of Silk Science and Technology

References:  9

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10016954471
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11828182
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    1880-8204
  • NDL Article ID
    8009302
  • NDL Source Classification
    ZP33(科学技術--繊維工学・工業)
  • NDL Call No.
    Z17-B95
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top