低減速炉の技術開発の進捗および課題 : 軽水炉技術によるプルトニウムのマルチリサイクルや増殖を目指して  [in Japanese] Progress and Issues on Development of Reduced-Moderation Water Reactors ; Aiming at Multiple Recycling and Breeding of Plutonium Based on Light Water Reactor Technologies  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p> 低減速炉は, 軽水炉技術をベースにしてプルトニウムのマルチリサイクルさらには増殖サイクルが実現可能な魅力的な原子炉である。一方, 稠密燃料配置を使用するため除熱性能および正になりやすいボイド係数など, 稠密炉心に関連した固有の技術課題を含んでいる。ここ数年は, 経済産業省および文部科学省の原子力技術公募事業にも採択され, 炉心設計の詳細化や稠密炉心での除熱性能の把握等の課題に関する技術開発が進展した, 今までに蓄積された技術および今後の課題について解説する。</p>

Journal

  • Journal of the Atomic Energy Society of Japan / Atomic Energy Society of Japan

    Journal of the Atomic Energy Society of Japan / Atomic Energy Society of Japan 48(7), 484-489, 2006-07-30

    Atomic Energy Society of Japan

References:  13

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10017387359
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00188477
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00047120
  • NDL Article ID
    8048193
  • NDL Source Classification
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業)
  • NDL Call No.
    Z16-434
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  J-STAGE 
Page Top