腎不全患者に集中発症したスギヒラタケ脳症  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

平成16年9月中旬以後, 新潟県北部の血液透析患者に原因不明の急性脳症が多発し, 死亡例も発生した. 私どもは, 関連病院の透析担当主治医から, 発症者のなかにスギヒラタケ摂取後に発症した症例があるとの情報を得たので, この事実に注目し, スギヒラタケ摂取との関連性について全国の日本腎臓学会員に情報提供を呼びかけた. その結果, スギヒラタケ摂取と急性脳症の発症に強い関連がある32症例の情報を得, 致死率が約30%に及ぶ重篤な臨床経過をとる脳症であることがわかった.

Journal

  • Nihon Naika Gakkai Zasshi

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 95(7), 1310-1315, 2006-07-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

References:  6

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10018198538
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00195836
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    00215384
  • NDL Article ID
    8038111
  • NDL Source Classification
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL Call No.
    Z19-222
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  IR  J-STAGE 
Page Top