構造色を変化させるエレクトロクロミックゲル  [in Japanese] Electrochromic Gels That Change Their Structural Colors  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ある種の熱帯魚は,興奮すると体色を青,緑,赤と変化させる。これは,神経系の電気信号に誘起された構造色の変化である。すなわち,構造色を変化させるエレクトロクロミズムが生物では起こっている。本稿では構造色ゲルを用いることにより,エレクトロクロミックゲルが実現できることを示す。

Journal

  • Kobunshi

    Kobunshi 55(12), 934-937, 2006-12-01

    The Society of Polymer Science, Japan

References:  14

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10018401949
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00084926
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL Article ID
    8594813
  • NDL Source Classification
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL Call No.
    Z17-90
  • Data Source
    CJP  NDL  J-STAGE 
Page Top