大阪府内水道水源および淀川水系における1,4-ジオキサンレベルの実態調査 Occurrence of 1,4-Dioxane Contamination in the Water Source and the Yodo River Zone in Osaka Prefecture, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大阪府内の水道原水・浄水および淀川水系における1, 4-ジオキサンの実態把握を行った。その結果, 府内浄水場の原水・浄水における1, 4-ジオキサンは高濃度汚染のあった1ヶ所を除いて<0.05~1.8μg/lであり, 水道水質基準値の50μg/l以下であった。高濃度汚染 (>50μg/l) のあった1ヶ所は取水源である地下水が1, 4-ジオキサンの汚染を受けていた。1, 4-ジオキサンの浄水処理による除去率は低く, 既存の浄水処理では1, 4-ジオキサンの除去は難しいことがわかった。また, 府内の主要な水源である淀川水系における1, 4-ジオキサンの検出濃度は0.08~0.91μg/lであった。

Levels of 1, 4-dioxane in raw and tap water at 15 water purification plants in Osaka prefecture, Japan, and in the Yodo River Zone were investigated. The 1, 4-dioxane levels in samples at 14 of the water purification plants ranged from <0.05 to 1.8 μg/l. These values are much lower in concentration than the 50 μg/l water quality standard for drinking water in Japan. However, over 50 μg/l of 1, 4-dioxane was detected in raw and tap water collected at one of the water purification plants surveyed. The groundwater in this water purification plant was determined to be contaminated by 1, 4-dioxane. The removal ratio of 1, 4-dioxane by water treatment was found to be inefficient, even with advanced water treatment methods. The levels of 1, 4-dioxane in the Yodo River, the main water source in the Osaka area, ranged from 0.08 to 0.91μg/l well within the acceptable level.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 16(4), 669-676, 2006-12-25

    Japan Society for Environmental Chemistry

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018449908
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    8634167
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ