関数関係解析によるケミカルマスバランス法を用いたダイオキシン類の発生源寄与率推定法に関する検討 Study on the Estimation of Source Contribution to PCDD/Fs using Chemical Mass Balance Method Based on Functional Relationship Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Fr-CMBを用い, 新潟県内の河川底質及び河川水中のPCDD/Fsについて, 発生源寄与率推定に関する検討を行った。環境試料の組成から, 廃棄物焼却炉排ガス, 過去に使用されていた農薬のCNP, PCPの3つを発生源として想定した。<BR>解析に使用する成分について検討した結果, TEFを持つPCDD/Fs17異性体と1, 3, 6, 8-TeCDD, 1, 3, 7, 9-TeCDD及び4~7塩素化物のothers, 計27成分で, 101の成分を用いた場合と同等の結果を導き出すことができた。<BR>発生源として使用するデータについて検討した結果CNP, PCP中のPCDD/Fsデータをクラスター分析によって集約して発生源データとして用いることで, 整合性の高いデータを得ることができた。<BR>Fr-CMB及びCMBBJ, 両手法による寄与率推定結果を比較したところ, CMB8Jの%massが100に近い場合には, 両手法による寄与率推定結果は類似しており, %massが100から著しく乖離した場合には両手法による結果は相違した。より精密な方法であるFr-CMBでは, 環境試料と発生源組成の測定変動も明示的に扱うことにより, 統計上の矛盾が少なく, 現場の状況に合った寄与率推定結果を導き出せたものと考えられる。しかしながら, 寄与率の妥当性を客観的に示す方法は今のところ用意されておらず, 発生源解析の限界を理解しつつ応用していくことが重要と思われる。

A Chemical Mass Balance method based on Functional Relationship Analysis (Fr-CMB) was applied to estimate the contributions of sources to polychlorinated dibenzo-para-dioxins and polychlorinated dibenzofurans (PCDD/Fs) in samples of water and sediment collected from rivers in Niigata Prefecture. The assumed sources were as follows; flue gases of wasted incinerators and two banned agricultural chemicals, Chloronitrophen (CNP) and Pentachlorophenol (PCP) .<BR>To determine the classification of various compounds of PCDD/Fs and the data of agricultural chemicals to be used in the analysis, several investigations have been made. The results indicated that it was appropriate to use the ordinary classification of PCDD/Fs mainly composed of 2, 3, 7, 8-homologues, and to use the results summarized by applying k-means clustering to the data of agricultural chemicals collected until now.<BR>The results obtained by Fr-CMB seemed to be more reasonable than those by CMB8, the conventional U.S. Environmental Protection Agency (USEPA) method based on effective variance weighting.

収録刊行物

  • 環境化学 : journal of environmental chemistry

    環境化学 : journal of environmental chemistry 16(3), 437-448, 2006-09-24

    Japan Society for Environmental Chemistry

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018783879
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10547099
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172408
  • NDL 記事登録ID
    8528264
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-2322
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ