食事の欧米化にともなう酸関連疾患の変化  [in Japanese] Changing trends of acid related diseases in Japan and westernization of diet  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本においては,食習慣の欧米化とともに生活習慣や生活環境が大きく変化しており,これにともなってメタボリックシンドロームなどの疾患が増加している.一方,食事·生活環境の変化は<i>Helicobacter pylori</i>の感染を減少させ,胃酸分泌を増加させ,さらには食道の逆流防止機能やクリアランス能を低下させている.またメタボリックシンドロームに関係して発症する疾患に対して頻用されるアスピリン,カルシウム拮抗薬,亜硝酸薬は上部消化管の生理機能を障害することがある.酸関連疾患のうち消化性潰瘍は全体としてみれば減少しているが出血を合併しやすいアスピリン/NSAIDS潰瘍は減少せず,逆流症患者は著増し日本の酸関連疾患が欧米化しているといえる.<br>

Journal

  • Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 104(4), 501-508, 2007-04-05

    The Japanese Society of Gastroenterology

References:  46

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    10018885991
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00192124
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    04466586
  • Data Source
    CJP  CJPref  J-STAGE 
Page Top